64恋人は名無しさん2009/05/14(木) 13:42:25 ID: ID:vhxy6WXJO

修羅場と言うか・・巻きこまれた話です。
長いのであしからず。

私 23歳
友子 23歳 同じ中学
新郎さん 25? 友子の旦那さん

先日、中学時代の友人・友子の結婚式があったので行って来ました。
友人と言っても、中学時代にちょっと遊んだくらいの仲。
大人になってからは全く交流がなかったので、結婚式の招待状が届いた時はちょっとだけ驚いた。
でもせっかく招待しようとしてくれたんだし、
私も彼女の人生の門出をお祝いしてあげたい気持ちがあったので出席することにしました。

 

65642009/05/14(木) 13:43:21 ID: ID:vhxy6WXJO

そして当日。式の最後・フラワーシャワーの時。
式に感動した私はちょっとテンションが高かった。
私「友子ちゃん!!ひさしぶり!!式凄くよかったよ!!本当におめでとう!!」
友子「あぁ、私ちゃん^^ひさしぶり。相変わらず田舎くさいよね^^
えっ!!ちょっとその服何?えっ?!しまむらか何かぁ?だっさ~い♪」
私「え」
新郎さん「ちょっと、友子何言ってんの・・・」←気まずそう
友子「ウフフ♪まぁ、今日はぁ、せいぜい、洗練された空気を感じていってネ^^」
私「・・・」

この田舎発言をキッカケに、友子のイタズラが始まる。
・話しかけても無視される&バカにされるetc、etc
・輪に入れて貰えない

お祝いムードとは裏腹に、一人ションボリしてくる私。

そして、大きな爆弾が投下された。

Google AdSense

 

66642009/05/14(木) 13:46:00 ID: ID:vhxy6WXJO

披露宴の中盤。

司会者「では、ここで友子さん【親友】の私さんより、お2人へ、素敵な歌を贈っていただきましょう!!」
私「くぁwせdrftgyふじこl?!?」
司会者「私さんは、ピアノがとってもお上手だそうですね^^さっこちらへどうぞ」
ピアノの前まで行かされる。
どうしていいか解からず、友子の方を見るとニヤニヤしながら近寄って来た。
私「歌うなんて聞いてない・・・」
友子「私ちゃん、コレ使っていいから^^頑張って♪ウフフ♪」
楽譜を渡される。
なんと友子から渡された曲は激ムズ曲だった。
しかし幸い、カラオケで何度か歌った事がある曲。メロディや歌詞はわかる。
弾き語りもやった事がある。
いい加減、怒れてきた私は「こうなったらやってやる!!」と燃える。

 

68642009/05/14(木) 13:49:17 ID: ID:vhxy6WXJO

そして。
間違えながらも、何とか歌いきった。
すると予想以上に壮大な拍手が沸き起こる。
席へ帰るときに新郎さんが「私さんめっちゃうまいじゃん感動したよ!!」と言ってくれたが、
その横で友子が鬼の形相になっているのを見逃さなかった。

こうして披露宴は何とか終わった。
二次会には参加するつもりはなかったので帰ろうとすると、
友子「ちょっと。2次会来るでしょ?」
私「え、いかないけど」
友子「いいから来なさいよ!新郎があんたにやってもらいたい事があるって言ってるから!解かった?」
私「・・・」

じゃあ、絶対、来なさいよ!と言って友子は去っていった。

 

Google AdSense

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします