499恋人は名無しさん2009/05/19(火) 00:15:58 ID: ID:ik610nN20

数年前の話。ものすごい長いですが、投下させて下さい。
あと、ちょっとグロイかもしれないので
苦手な方はスルーしてください、すみません。

登場人物(すべて仮名です)
もうちゃん…この話の一番の被害者。ちょいポチャで可愛い。そして強い。
屯田君…もうちゃんの彼氏、おっとりしてて優しい。
シュリ…私。
ラー君…私の彼氏。
B子…見知らぬ女。ちょいポチャ。

学生時代の話です。
当時B子以外の全員が同じ大学に通っていて、
私ともうちゃんは親友でよくWデートしてた仲。
4人とも一人暮らしで徒歩10分圏内。
もうちゃんと屯田君は2人ともノホホンとしてて
見ていて幸せになると、周りからは評判だった。
時は夏休み、周りの皆は帰省していたが、
私達4人はそれぞれの地元が近いこともあり、
帰らずにのほほんと過ごしていた。
そんなある日の夜中、私は彼氏のラー君と自分の家で
マリオカートしてたら、もうちゃんから着信が。
「暇してるって電話かー?」とか思いながら
軽い気持ちで電話に出ると、嗚咽しながら泣いている声が。
普段なら「喧嘩したんかw」とか言う私だけど、
もうちゃんの泣き方が半端ない。時々かすれ声で
「ぃひぃぃぃ」とか一瞬息が詰まって「xfcgvhblんk」
と訳のわからない言葉を発している。
焦った私は何があったか問い詰めたけど、
「…い‥く‥シュリん‥ちいく…」って言うのが
精一杯みたいなので、とりあえず電話は切らずに
もうちゃんがウチに着くのをラー君と2人でアパートの前で待った。

 

500499 2009/05/19(火) 00:17:07 ID: ID:ik610nN20

数分後、曲がり角からフラフラになりながら、でも
走ろうとしているもうちゃんの姿が見えた。
駆け寄ると彼女も私に気づいたらしく、一瞬安心した
表情を見せた後、雪崩れるように膝をついて地面に座った。
私はすかさずもうちゃんに近づき背中を摩ったんだけど、
その瞬間手にベタッとした感触。Tシャツ越しに背中が血だらけ。
固まる私と裏腹に、それを見たラー君はすかさずもうちゃんを
抱きかかえ車へと向う。私も一瞬飛んだ意識が戻り
家まで財布を取りに行き、車へ走った。
幸い、救急外来をやってるでかい病院が近くにあったのでそこに向う。
救急外来では私とラー君は待合室に通されてしまったので
中でもうちゃんがどうなってるのかわからなかったけど、
私はとりあえず屯田君に連絡をしてみた。しかし出ない。
数十分後、少し落ち着いた様子のもうちゃんが
出てきた。背中の傷はギリギリで縫うほどではないらしく
通院を約束して今日は帰っていいとのこと。
とりあえずもうちゃんをラー君に託し、私が料金を
払っていた時、奥からお医者さんが出てきて
「あの子の詳しい話は聞きましたか?」と小声で訪ねてきた。
私は話はまだ全く聞いてなく、状況を掴めていないことを
説明すると、お医者さんはもうちゃんの傷や表情から
事故ではないと思い、警察に相談(通報?)するか
聞いたそう。しかし、もうちゃんは「大丈夫です、すみません」
の一点張りだったらしく、「もし話を聞いてヤバイと
思ったらすぐに警察か、自分に言ってください。」と言い奥に戻って行った。

 

502499 2009/05/19(火) 00:18:07 ID: ID:ik610nN20

家に戻り、とりあえず今日はラー君を帰し、もうちゃんを私の家に泊まらせる事にした。
もうちゃんは大分落ち着きを取り戻し、事の経緯を教えてくれた。
事件があったのは私とラー君がマリオカートに白熱している頃、
もうちゃんは屯田君の家で一緒にお風呂に入っていたらしい。
そこでもうちゃんは背中の毛が気になるから剃ってと、冗談半分で
屯田君に頼んだと。そしたら彼は一瞬真顔になったがすぐに笑顔で
剃刀を取り、ノリノリでもうちゃんの背毛を剃ってくれていたらしい。
屯田君のお風呂場にはなぜか切り傷防止のついてないやつ(5個セットとかで
売ってるピンクの)があって、初めは「これすごい緊張する」とか
「切れないか心配で怖い」とか言いながらやってたらしく、
もうちゃんもそんな事言われると怖いのでそろそろいいよと
言いかけた途端、屯田君の息遣いが荒くなり「ごめん、愛してるから!!」
と叫ばれその瞬間背中に激痛が走ったと。
もうちゃんは痛さと何が起こったのかわからない混乱で暴れようとしたが
屯田君にガッチリ抑えられ動けなかったらしい。
その間彼はもうちゃんの背中から流れる血を舐め続けていたと言う。
しかし気づいたら彼の力は抜け、振り返ると抜け殻のように
座り込んで、「ダメだ‥ダメだ‥」と呟いていたらしい。
そして、もうちゃんはこの場から逃げようと痛みを堪え急いで服を着、
私に電話をして今に至るというわけだった。
話を聞いて唖然、鳥肌が立つ。しかし、冷静に考えると、
何それなんていう変態?あの穏やかな屯田君が?
ていうか私の親友に何してくれちゃってんの?あいつコロース!!
という思いが込み上げてきて、私は突撃体制をとった。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします