380恋人は名無しさん2014/03/12(水) 02:41:05.65 ID: ID:MwRiRbB70

みんなのに比べたら全然大したことないけども
初めて書くから読みにくかっららゴメン

私子
彼男、元彼、正直イケメン
メイ子、黒木メイサを幼くした感じの美人でスタイルも良い。ある意味一番の被害者
メイ彼、メイ子の彼氏
メイ彼以外は当時20歳、ちなみに私子彼男は高卒カップルでした。

当時の彼男は頼れる男、という感じで父親も医者だったらしくよく
「親父は助教授だから偉い、だから親父の部下は俺にも甘い」みたいなよくわからない
ことを言っていましたが、私よりは頭がよく働いていたので、なんてかっこいいの、
とお花畑を通り越して頭が爆発しているような馬鹿女だった。

でも付き合って一年くらいしてからいきなりデートをドタキャンされたり、
なんとなく態度が冷たくなってきていた。
それがちょうど中学のときの同窓会の後で、もしかして昔の友達と再会して
浮気したのか?と思い、彼男が風呂に入っている間に携帯を見た。
幸いロックをかけていなかったけど、受信ボックスには特に怪しいものもなかった。

 

381恋人は名無しさん2014/03/12(水) 03:11:03.31 ID: ID:MwRiRbB70

勘違いかな?と思い送信ボックスもついでに見たら……黒でした。

「本当に可愛いね。何かほしいのある?なんでも買ってあげるよ」とか
「今度ホテル行こうよ」とか気持ち悪いものばかり。
最近の態度もあり、頭が真っ白にもなったがすぐに怒りがわいてきました。

電話帳を開きすぐ電話をした。それがメイ子でした。

本当に反省していますが、そのときは怒りしかなくて、電話に出た瞬間
メイ子が何かを言う前に一気に話した。

私子「初めまして。いきなりすみません。彼男と付き合っている私子と言いますが、
人の彼氏と浮気しようなんて何考えているんですか?
彼男とは今から話し合いしますけど、あなたからも話を聞きたいです」
でもメイ子は冷静でした。ここで私もちょっとあれ?と思いましたが。

メイ子「…わかりました。私も言いたいことがあるので話し合いましょう。」
私子「後で私から時間と場所をメールで送ってもいいですか?」
メイ子「はい」

そしてそこから彼男が出てきて、追求すればまさかの逆切れww
彼男曰く「メイ子こそが俺の運命の人だった。それにメイ子とは小学校からの友達で
私子より付き合いが長く気が許せる」と。

こりゃダメだ、と思いそのままメイ子に今からどこどこのファミレスで大丈夫か?と
メールをしたら今から30分で着く、との返事があったので私たちも向かった。
メイ子はもう着いていて、隣に男性が一人いた。それがメイ彼。
彼男は何か固まったみたいだったが、みんな気にせずに中に入って話し合い開始。

でも話し合ってわかったのは彼男が一方的にメイ子に好意を寄せてただけだった。

 

382恋人は名無しさん2014/03/12(水) 03:12:44.77 ID: ID:MwRiRbB70

メイ子の言い分は
・昔の友人から勝手に連絡先を彼男に教えられた。
メールは拒否したが、番号は私子からかけたのが初めてらしく知らなかったのでとった。
こっちは彼男の情報は何も知らない。
・小学校のとき二年間彼男にいじめられたことがある。
本当は顔も見たくない嫌い。
・彼氏もいるし、本気で気持ち悪いから連絡しないでほしい。
これ以上しつこくするなら警察も視野に入れていた。

それを聞いて目玉どこー状態の私と、眉間にしわをよせて黙ってるメイ彼、
淡々と吐き出すメイ子、ふぁびょる彼男。

彼男「ふざけんな!!そんな昔のこと知るかよ!!大体、てめぇが自分の金持ち自慢したり
ブスだしデブだったからだろ!!同窓会で綺麗になったと思って声かけてやったのに!!
どうせ整形したんだろ!!」
メイ子「昔のことでも一度も忘れたことはない。私は友達に親の職業を聞かれたから答えただけ。
勝手に金持ちうざい、と騒いだのはそっちだ。整形はしていない、痩せただけ」
彼男「…俺の親父は助教授なんだぞ。医者だぞ。欲しいものならなんでも買ってあげるし、
俺が付き合ってあ げ る と言ったのに!!
大体、高学歴の女なんて可愛げがないのに結婚なんかできるはずがない!」
メイ子「私の父親は主任教授です。
欲しいものはない。敢えて言うなら、あなたが二度と近づかない、という誓約書が欲しい」

ここでちょっと噴出した私子とメイ彼。
それに気付き「何笑ってんだよおおお!!ブス!!大体、てめぇだってメイ子の金目当てじゃ
ねーのか!?そして将来ヒモになるつもりだろ!!」とますますふぁびょる彼男。

 

384恋人は名無しさん2014/03/12(水) 03:14:14.31 ID: ID:MwRiRbB70

正直、メイ子がポンポンとテンポよく反論してたので口を挟む隙もなかったのだが聞いてて
なんとなくわかったのは
・昔はデブでブスで医者の家系で金持ちだったメイ子が憎かった彼男、中学ではクラスが分かれたので
関わりはなかった
・同窓会で見違えるほど綺麗になったメイ子を見て好きになった。
メイ子は今私立医学部に通っていると聞いて、ますます好きになってどうしても付き合いたくなった
・彼氏の写真は見せてもらったが、俺よりブサイクだったから押せばいけると思った

なんかもうこんな男と一年間付き合ってきたのか、と脱力した。

彼男はひたすらふぁびょってたが、周りの女子高生からの「何あれきも~いw」
「自分が一番金につられてんじゃんw」という笑い声と、メイ彼の

「そりゃあメイ子の家に比べたら俺の方が金はないよ。でも、あまり学歴とか収入の
話はしたくないけど俺も医学部で将来医者になるつもりだよ。
むしろヒモになりたいのはお前だろ。
それにメイ子は嫌味な子じゃない、ちょっと世間知らずなところがあるけどとても良い子だよ」

という言葉で今度は泣いた。
「メイ子、違うんだ。本当は好きだったからいじめちゃったんだ」とかなんとかほざいてた気はする。

私はひたすら謝罪。
するとメイ子に「これ私の連絡先だから、今度何かあったら教えて」と紙を渡された。
そしてそれを奪おうと飛んだ彼男。
とっさにビンタしたしまった。
そしてまたうずくまって泣く彼男。カオス。

メイ子は「ここの代金は払っておくから、後は二人で話し合って。そしてこれ以上連絡するようなら
こっちにも考えはあるから」と言い残して去っていった。

でも彼男は「別れてやるからな!!」って言い残して逃げていった。
残された私は高校生たちに「負けるなよー!」って励まされて出てきた。

 

385恋人は名無しさん2014/03/12(水) 03:18:25.43 ID: ID:lc4f/1Ga0

彼男みっともなさすぎww

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします