95012009/09/14(月) 21:01:35 ID: ID:k7ebSJDb0

飯の話で被ったけど投下します
大分長くなった
修羅場じゃねぇってのは簡便してほしい
命の危機を感じたもんで

俺 社会人
彼女 大学生
友 学生時代からの友人

彼女と知り合ったのは大学時代。
俺の2個下の彼女がサークルに来て、程なくして付き合うことになった。
俺は一人暮らしで彼女は実家通い
時折、弁当を持ってきてくれたりと色々世話好きで家の掃除とかもしてくれてた。
大学を卒業しても彼女との関係は変わらずに続いてた。
将来を見越して、同棲をしようかと言う話になって両親へ挨拶をして彼女が俺の家に来る形で同棲が始まった。
そこから地獄みたいな生活だった。

 

95122009/09/14(月) 21:02:40 ID: ID:k7ebSJDb0

初めは変わった様子もなく、今まで通りの生活だったけど、次第に彼女の本性らしき物が出始めた。
次第に溢れかえる物。食べ終わった後の弁当などのゴミ。溜りに溜まった洗濯物。
食事もどんどんおかしくなっていった。
俺が帰ると食事の用意がされていたのが、段々なくなり、最終的にはコンビニの弁当や店屋物になった。
金銭的にきつい時は俺が作る。
同棲前と明らかに変わった彼女に詰め寄る形で話をしたが、ごめん、気をつけるで話が終わってしまった。
気をつけるならと納得して次の日帰るととんでもないものが食卓に並んでた。

 

95232009/09/14(月) 21:03:53 ID: ID:k7ebSJDb0

玄関前から不快感しか感じさせない異臭がどこかから垂れ流されていたが、玄関を開けて異臭の元が俺の家だと気がついた。
何かあったのかとすぐに部屋に行くと、それは晩御飯として食卓に鎮座してた。
何故か本来白いはずなのに黄色い米。
魚のぶつ切りが浮くお椀に注がれた味噌汁らしきもの。
一見すると野菜炒めと見えるが何故か緑のゲル状の物に浮く野菜達。
トンカチで叩いたのではないかとすら思うほど無残な形に変形したキャベツ。
このどれもが全て異臭を放っていた。
例え様のない悪臭だった。
気を失いそうになるのを抑えて彼女に聞いてみると、疲れて帰ってくる俺のために作ったスペシャルメニューだそうだ。
簡便してほしかった。
心底許してくれと懇願したかった。

 

95342009/09/14(月) 21:05:09 ID: ID:k7ebSJDb0

折角彼女が作ったのだからと箸をつけてはみたものの、あまりの異臭でとても食べる気にはならない。
目の前の彼女は自分で作った物を食べずにニコニコと俺を見る。
俺「お前食わんの?」
彼女「俺が帰る前に食べたから大丈夫」
これを食ったのかと思うととても信じられないが、食ったと言うなら俺も食わざるを得なかった。
一口口に入れて口の中一杯に広がる青臭さや生臭さ。
とてもじゃないが食えた代物じゃなかった。
適当な理由をつけてその日は食わずに寝る事にした。
何かの間違いだろうと思ったら次の日も物凄い物が食卓に鎮座してた。
相変わらず黄色い米。
根こそぎ身が削られた魚の骨。
ぶつ切りの大根を入れただけの味噌汁らしきもの。
オレンジ色のスープ状の物。
我慢が出来なくなった俺は彼女に問い詰めた。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします