922名無しさん@HOME2010/11/24(水) 18:03:53 ID:

姉の結婚が決まって、両家の家族の紹介を兼ねた食事会での出来事。
参加者は姉・両親・私と姉の彼氏・彼氏母。
彼氏父は既に他界されていて兄弟もなく、母一人子一人のご家庭だった。
姉から常々「彼氏がマザコンぽい」という話は聞いていたけど、母子二人で
暮らしてたんだからお互いが大事でも当たり前かな、と姉自身も私たちも思っていた。

食事会が始まろうかという時。
料亭の個室に全員が揃い、姉彼氏が最初のあいさつをしようと立ち上がった。
すると、
「あらやだまー君(姉彼氏)!シャツがはみ出てるじゃない!!」
彼氏母の大声。どうやらワイシャツのすそがズボンから出ていたのを見つけたらしい。
「え?うそ、恥ずかしいよママ直して」
「仕方ないわね、まー君こっちいらっしゃい」
まー君は畳に座っているママの前に仁王立ちした。
するとママはまー君のベルトを外し、一気にズボンを引きおろした。
そしてワイシャツのすそをピンピンと引っ張って伸ばし、きれいに整えて
元通りズボンをはかせてベルトを締め、くるりと一周させて背中側も確認し
おなかをポンポンと叩いて
「はい、コレで大丈夫よ。もーちゃんと着ないとダメよ、恥ずかしいでしょ」
幼稚園児の服を着替えさせるような彼氏母の行動と、それを当たり前と
信じて疑わない様子のまー君。

修羅場といえる派手な立ち回りや罵りあいは起こりませんでしたが、
私の家族は終始無言で味のしない料理をどうにか片付け
お通夜のような雰囲気でその日を終えました。
あんなまずい食事は後にも先にもありません。

ちなみに家に帰ってから両親も私も大反対しましたが姉は結婚。
その後も数々の修羅場を経験し、今は実家に帰っています。
「優しい人だと思ってた、親に反対されて余計燃え上がってしまった。
親の言うことは聞くものだ」と言っています。

 

924名無しさん@HOME2010/11/24(水) 18:15:31 ID:

>>922
親の言うことは聞くものだというより
それでドン引きしなかった姉が結婚という言葉で
脳に虫が湧いてたんじゃないかと。

ちなみに結婚後の方がスレに沿った話だと思うが。

 

925名無しさん@HOME2010/11/24(水) 18:16:34 ID:

>>922
うわ…普段からそれやってるのも引くが挨拶の場で…

 

9269222010/11/24(水) 18:32:33 ID:

>>924
結婚後の方は姉から聞いた話で自分が直接居合わせたわけではないので書かなかったのですが、では簡単に。

・まー君、仕事から帰ってくると歩きながら服を脱ぎ、廊下に靴下やらシャツやらを足跡のように落として
最後は浴室の前にパンツを残して風呂へ直行。

・風呂から出ると両手両足を広げ「大」の字で仁王立ちになり、「タオル!!」と叫んで嫁がタオルで
体を拭くまで動かない。その後は「ぱんつ!」「しゃつ!」といちいち叫んで着させる。

・結婚直後に妊娠したため、数ヵ月後に予定していた新婚旅行(海外)を中止することに。
そしたら「結婚したら海外に行くって言ったくせに!詐欺だ!!結婚詐欺!慰謝料払え!!」と
床に寝転がって手足をバタバタさせて暴れる。

・どうにも説得しきれず新婚旅行強行。2週間近い海外旅行の荷物の入った大きなトランク2つを
妊婦の嫁に運ばせ、旦那はセカンドバッグひとつ。買い物をして増える荷物は全て嫁に持たせる。

この旅行でやっと脳に沸いてた虫がいなくなってくれた姉は、帰国後離婚に向けて動き始めました。
まー君は暴力旦那でもあったようで、離婚が成立するまで姉は何度もあざだらけになっていました。
でも、「殴られたから蹴り返してやったw」「おなかだけは守ったよ!!赤ちゃん殺すのかって言ってやった」と
戦い続け、最終的には乳飲み子を抱えて離婚届を「やっと書かせた!!!」とヒラヒラさせながら
笑顔で帰ってきました。
暴力なんて想像できない姉でしたが、姉なりに必死になって子供を守ったんだと思います。

 

9639222010/11/25(木) 13:48:46 ID:

子どもについてはいろいろご意見あるだろうなと思いました。
荒れそうな話題出してすみません。

姉は今は働きながら実家で暮らしています。
養育費はもらっていないと言っていました。
「お金のためにつながりを保ち続けたくない、それにどうせ滞るだろうし
その時にもめたりするのも面倒だ」ということです。

産んだことについてですが、実は私も「迷わなかったのか」と聞いたことがあります。
姉は「迷わなかった。おなかの中に自分の子がいると思ったら、
とにかくこの子だけは私が守ってやらないとって気持ちになった」と言ってました。
誰が父親だとか関係ない、この子は「私の子」なんだから、だそうです。

あと、実際問題として、姉の腐った目が覚めたきっかけになった新婚旅行が
結婚してからけっこう後だったので、その時に産むのやめたいと思ったとしても
もう間に合わないタイミングじゃなかったのかな、とこれは私が勝手に思っています。

結婚前はおっとりした姉で、「ママの代わりになってくれる人」とまー君に思われたんじゃ
ないかなと思います。まー君年下だったし。
実家に帰ってきた今はいい意味でたくましい「おかあちゃん」って感じになりました。

 

引用元:今までにあった最大の修羅場 £5