766名無しさん@お腹いっぱい。2009/01/19(月) 01:03:58 ID:

俺と嫁が付き合う前の話。

職場の1コ下だった彼女を、忘年会の帰りに上司や同僚に言われ家まで車で送って帰ってる途中、ラジオでドリカムの『未来予想図』が流れた。
彼女は、『こういうの憧れます。』って話してて、俺も『じゃあ早くいい人見つけろよ~』とか楽しい会話をしつつ、無事彼女を家まで送り届けた(彼女は実家住み)。

じゃあな~★
ってUターンして角を曲がるまで、彼女は家に入らずずっと手を振ってた。俺は微笑んで前を向き直ったら、目の前にイノシシがいるんだよ。
彼女の家の地域は田舎じゃないけど、よくウリ坊とかイノシシが発見されてニュースにもなる。
俺焦ってバックして角曲がったら、まだ彼女は家の前に立ってたんだよ。んで俺の車がバックしてきたの見て、忘れ物か何かだと思って近寄ってきたんだ。
で、イノシシはイノシシで車のライトにびっくりしたみたいで、俺の車を避けて彼女がいる方に猛ダッシュ。まさに猪突猛進。

俺はイノシシの気を引こうと、クラクションを
『プププーーーッ!!!プーー!!!!!(俺的の「危なーい!!」)』
って鳴らした。

スマンけど、長いから続くorz

 

767名無しさん@お腹いっぱい。2009/01/19(月) 01:06:55 ID:

そしたらイノシシまたびっくりしたみたいで、ギリギリ彼女の体をかすめるくらいで通りすぎていった。
安心して車降りて彼女の元に行こうとしたら、彼女が急いで走ってきて自分の足につまずいて顔面から転んだんだ。
で慌てて近寄ったら、鼻血ダラダラたらしながら満面の笑みで、
『1つ足りないぞっ★「る」』
って言った後で気絶した(鼻血大量による貧血)。
俺は、彼女の言葉の意味も分からんし、取りあえず家まで運ばないと駄目だし、正直その後はよく覚えてない。
後で説明されて、やっとクラクションが4回だったってことに気付いた。彼女は目が悪いのと、暗かったのもあって全然イノシシには気づかなかったらしい。

それから、何故か付き合うようになったんだが、同僚には
『鼻血が出るほど甘~い告白ってどんなの?w』
ってからかわれるし、結婚式でも
『二人の始まりは~、1つ足らないアイシテルのサインから~』
とか説明されるし、その度にイノシシのことを話すのがめんどくさいので、もう反論もしていない。
毎年新入社員には、『伝説のアイシテル』として語られていくし。

でも、今は嫁と結婚して幸せだからいいと思う。

長文&乱文スマソww

 

768名無しさん@お腹いっぱい。2009/01/19(月) 01:10:37 ID:

ウザイけど、かわいいw

 

769名無しさん@お腹いっぱい。2009/01/19(月) 01:57:06 ID:

>>768
ありがとう
そう言ってくれて良かったw

 

引用元:【コピペおk】夫婦・家族のジーンとする話を集めるスレ5【オリおk】