242大人の名無しさん ID: ID:AsP6Lt7w

30板ですが、40になって数ヶ月経つ奴の戯言と思ってお許しを。

私は子供の頃から病弱で、中3の受験勉強が佳境になろうと言う時に所謂厚生省指定の
難病にかかり、間一髪で死を免れた。それから無事に志望していた高校を受験して合格。
去年なくなったばあちゃんはものすごく喜んでくれて、10万円もお祝いをくれた。
子供の頃から、私とは水と油の親父はお祝いどころか、私が病気で死にかけていたときも
友人と旅行に出かけ、見舞いにも来ない有様でした。
そして、それからどうにか無事に高校生活を送って卒業。
本当は大学に行く予定が、家の都合やら自分の馬鹿さ加減で進学をあきらめ、コンピューター
関連の仕事についた。

そして、就職から3年・・・
治ったはずの病気が再発。
あと数時間で命がないと言う所でかろうじて助かったものの1週間の絶食(水も飲めない)と
朝晩の点滴や検査の連続でかなり辛い入院スタート。
結局、3ヶ月入院して退院後職場復帰。
入院中には「またわけわからん病気しやがって」と親父の心無い一言に傷ついて病院の屋上から
飛び降りて死のうかと思った事も。
どこまで行っても親父とは分かり合えない、わかるつもりもない、おかんは話し合えと
何度も言うが、話し合うまでもなく親父は面倒事から逃げる。
そんなこんなで、結局私は退院後数ヶ月で家を出た。

→to be continued........

 

243242続き ID: ID:/7/nHNrF

家を出て私は生活費とやたら高い治療費の為にがむしゃらに働いた。
ドクターストップも振り切って、何かから逃れるかのように働いた。
所が、当時勤務していた会社が倒産寸前。社長の勧めで、派遣業界へ転向した。
まだ右も左もわからない業界だったが、OAのスキルなどがあったおかげで
転職してからも、さほど仕事には困らなかった。
正月とお盆にたまに実家に帰れば、「派遣も無職も同じやろ。下らん。お前はクズや。」
とまたもや親父の小言。おかんは私をかばいもせずに黙っている。
結局いたたまれなくなって、帰省しても日帰りで自宅へ帰っていた。

それから数年。
特に大きな病気もせずに順調だったが、親との確執や仕事のストレスなどで
再び入院。糖尿病だった。
2週間の教育入院の後、半ば無理矢理退院して職場復帰したが以前のように
無理はきかなかった。残業もろくに出来ずに結局契約を途中で切られた。
当時、色んな事から借金があった私はすぐに次の仕事をさがしつつ、生活費を
どうやってまかなっていくのか、さらにストレスがかさむ日々を送っていた。
幸い、別の派遣会社から長期的な仕事が入り、生活にも借金返済にもさほど困らなく
なった頃、再び体調がすぐれなくなった。

→to be continued........

 

244242さらに続き ID: ID:/7/nHNrF

過去に大きな病気を数回経験していた私は、この時ばかりはさすがにヤバイと
思って、自ら普段足を運ばないかかり付けの病院へ。
血液検査や色んな臨床検査の結果が出たのはそれから2日後(速く結果が知りたいと
わがままを言ったので;)だった。

子供の頃から馴染みの医者はまず両親に連絡してきてもらえという。
また親父やおかんに小言を言われるのがいやだった私は・・・・
「そんなことはいいから私に病名を言ってください。親には絶対に言わないで。」
と食い下がり、医者は渋々病名を私に話し始めた。

「甲状腺機能亢進症・・・バセドウ病です。心臓にもかなり負担がかかっています。
いずれは心筋梗塞で命を落しますよ?入院してください。」

子供の頃から心臓はさほど強い方じゃなかった。水泳も出来ない、体育の授業もいつも
見学だった。だから「あぁ、ならしょうがないな」って程度にしか思わず、入院は拒否。
医者が止めるのも聞かずに、翌日から仕事を始めた。

それから1年経つか経たない頃、住所も電話番号も知らないはずのおかんがいきなり家に
やってきた。ぶっきらぼうに対応する私を、おかんは今にも泣きそうな顔をして見る。
「何しにきたん?また親父に下らん事言われて監視に来たんか?」
今思えばヒドイと思う言葉を投げかける私におかんは一言。
「なんで病気のこと黙ってたんや。死ぬかもしれへんのに、なんで黙ってたんや!」
話しを聞くと、私が席を蹴るように帰った検査の結果が出た日、医者はこっそり私の
母親にだけ連絡をとり(親父がいらんことを言うのは知っていたので)、私の病状を
伝えたという。説得して入院させるようにと。
「別に・・今すぐ死ぬわけでもないやろ。放っといてくれ。」
当然のように私は入院を拒否した。

→to be continued........