223恋人は名無しさん2012/10/12(金) 01:30:39.29 ID: ID:LuoGNgBD0

初めて投稿します。
読みづらかったらすみません。

当時の年齢
私子 17才
彼男 22才
ロリ子 22才(彼男の大学の友人)

私子と彼男は同じバイト先で知り合い付き合い始めました。当時は大学生というだけで彼男がかっこよく大人に見えました。
今思えば彼男は地獄のミサワ(?的なところがあり、自分大好きでよく彼男の武勇伝や自慢話をよく聞かされていましたがそれも当時は彼男すごい!かっこいいと思っていました。

 

224恋人は名無しさん2012/10/12(金) 01:31:28.53 ID: ID:LuoGNgBD0

彼男は1人暮らしなのですが当時はよく学校帰りに彼男の家に遊びに行ってゲームなどをしたりして門限になったら帰るという感じだったんですが、
ある時彼男の家を訪ねると彼男と彼男の大学の友人のロリ子が一緒に居ました。

ロリ子はふりふりの服を着ていて童顔で可愛いらしい人でした。
私子は女の人と彼男が同じ部屋にいる→浮気?→彼男に振られる
と思い涙目になりそうだったんですが(盲目でした)

ロリ子は私子を見るなり
「私子ちゃんおかえり待ってたよ~」と一言。

私はてっきり修羅場になるのかと怯えていたのですがそうではなく彼男とロリ子はただ大学の帰りに彼男の家に寄ってレポートをやっていただけのようでした。

 

225恋人は名無しさん2012/10/12(金) 01:32:12.68 ID: ID:LuoGNgBD0

私は彼男が女の人と2人きりだったことに少しヤキモチを焼いてしまいましたが、彼男も悪びれる様子もなく本当に仲の良い友人という感じだったので特になにも言いませんでした。

ロリ子は私子にすごい興味を持っていて学校のことや彼男との馴れ初めやJKの間で流行っていること
などいろいろな質問をされてお友達?のようになり結局アドレスも交換することに。

その数日後から
ロリ子からのメールがよく届くようになりました。
内容は私子の学校生活のこととかあとはJK羨ましいいいな~私も私子ちゃんになりたい
みたいな感じでした。
正直メールの内容が上記を繰り返し言われるだけでだんだんしつこいなあと感じるように。
そして彼男の家に遊びにいくとだいたいロリ子がいるようになりました。

 

226恋人は名無しさん2012/10/12(金) 01:32:59.47 ID: ID:LuoGNgBD0

そしてそのまま彼男の家で3人で遊ぶという流れw

なんか変だなと思いつつもロリ子は私子に親しくしてくれたのでそのまま関係を続けていました。がだんだんロリ子の発言がおかしくなってきたのです。

例えば「私子ちゃんの制服姿かわいいなあ~でもロリ子が着たらもっと可愛いんだろうなあ♪」
「私子ちゃんと付き合うなんて彼男ロリコンだよね~。あ、でも私子ちゃんは老け顔だから違うかあ~」「私子ちゃん若いのに地味で湿っぽいね」
などなど。
しまいには「ねえその制服ロリ子のほうが似合うから貸して☆」って言われるまでに。
もう正直しつこかったのと笑顔の奥から滲みでる黒いオーラが怖くて彼男に3人で遊ぶのはやめたいと相談しました。

しかし彼男はロリ子をとても気にいってるようで別にいいじゃんと聞く耳持たずでした。