300恋人は名無しさん2009/07/18(土) 01:52:19 ID: ID:eLa8zDO50

なんか長くなりそうだけど、イライラするから吐き出させて。

俺(27歳、会社員)
彼子(24歳、化粧品メーカー勤務)
友子(24歳、求職中)

彼子、友子との出会いは合コン。
彼子と友子は同じ美容系の専門学校出身で、それ以来の友人。
卒業後、彼子は化粧品会社に就職して、現在もデパートの化粧品売り場に勤務中。
友子は入社したエステの会社を半年で退社、フリーターのまま今に至る。

で、ここから本題。

合コンで出会った俺たち3人。
友子は今どきな派手な顔立ちの美人で、その場の男人気はダントツだった。
だが、それを自覚しているような態度が見え隠れしていて、俺はあまり好きなタイプではなかった。
無職のくせに「元エステティシャンなの~」と、過去の(大したことない)栄光を振りかざしてるのもイタかった。
反対に彼子は、目立った派手さはないものの、とても愛嬌があって、人柄の良さが滲み出ているような、
感じのいい子だったので、俺は彼子のことをすごく気に入った。

その後、何度か同じメンバーでBBQをしたり、飲みに行ったりして距離を縮めたのち、俺は彼子に告白。
OKをもらい、付き合うことに。

予想を裏切らず、彼子はとても性格のいい子で、順調に半年が過ぎた。
時折、彼子の友達の友子と3人で会うこともあったが、俺はやはり友子のことを好きになれなかった。
なぜなら友子には、彼子のことを友達でありながら見下しているようなところがあったから。

 

3013002009/07/18(土) 01:55:37 ID: ID:eLa8zDO50

あ、友子は無職ってかフリーター。

 

3033002009/07/18(土) 01:59:27 ID: ID:eLa8zDO50

「彼子が俺くんみたいな男をゲットできたのはマジ奇跡。ミラクル。
分不相応な幸せだって自覚してる~?
大事にしなきゃバチがあたるんだからね★」
だの、
「美容部員って、意外と地味顔でもなれるもんなんだね~」
だの、笑いながら失礼極まりない発言を繰り返す友子。
彼子の務めている化粧品会社は、そこそこ名の通った大手企業。
プライドが高く、ブランド思考の強い友子は、そのことが内心おもしろくないようだった。

俺と彼子の名誉のために言っておくが、彼子は決して地味顔ではない。
確かに友子のように人目をひくようなタイプではないが、笑った顔とかすげーかわいい。

ごめん話が反れた。

そんな俺は、何を言われてもニコニコしている彼子にも納得がいかなかった。
彼子にそれとなく
「あんな言い方されてカチンとこない?」と聞いてみたが、
「ズバズバ言うけど、悪い子じゃないんだよ」と、困ったような笑顔で返されてしまう。
彼子がそう言う以上、俺が悪口を言うのも気が咎めるので、腑に落ちないままではあったが、その話はそこで終わった。

 

3063002009/07/18(土) 02:03:28 ID: ID:eLa8zDO50

そんなある日、珍しく休日が一緒になり、彼子は俺の家でくつろいでいた。
彼子は前日に会社の研修で他県にある本社に出かけていて、やや疲れ気味だったので、1日家でのんびり過ごす予定だった。
が、彼子の携帯に職場から電話がかかる。
「はい、もしもし。お疲れ様です。今ですか?大丈夫ですよ。
はい、はい…、えっ!?…違います!私じゃありません!!」
途端に真っ青になる彼子。
電話が切れた後、事情を聞いてみる。

以下、彼子の話。

今日、彼子の会社のコールセンターのような機関に匿名のクレームが入った。
内容は、
「○日、○○時ごろ、○○行きの新幹線の喫煙車両で、貴社の制服を着た美容部員が、ビールを飲みながら煙草を吸っていた。
貴社の商品を長く愛用していたが、あまりの態度にひどくがっかりした。もう利用しない」
というもの。
日にちは彼子が本社に行っていた日。
時間も、ちょうど研修が終了して帰途につく時間帯。
その日、本社に集まっていたメンバーの中で、○○行きの新幹線を利用する地域に住んでいたのは彼子だけだった。

彼子の会社は制服着用時の飲酒、喫煙にとても厳しく、見つかった場合は厳重処分、ひどい場合は即刻解雇。
そのことは俺も良く知っていた。
彼子も仕事帰りの外食は絶対しなかったし(制服通勤なので)、コンビニでビールを買うときも、わざわざ一旦自宅に戻って、
私服に着替えてから行っていた。
煙草は元々吸わない。

なにがなんだかわからない状態でうろたえる彼子、今にも泣きそう。
慰めるしかできない俺。
それから数日間、職場、本社、彼子との間で度々やりとりがあったが、普段の彼子をよく知っている職場の店長やメンバーが
「絶対に彼子ではない!何かの間違いだ!」と本社に訴えてくれたらしく、特に大きな処分はなしとなった。
が、やはり本社の社員にはいい印象を残すはずもなく、「実際、どうなんだか…」という嫌な空気を漂わせたままに終わった。
もちろん彼子はひどくショックを受けていて、ニコニコと楽しそうだった仕事の話も、ほとんどしなくなった。