Google AdSense

382名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/09(水)13:15:23.98 ID: .net

1年前の話な。
年甲斐もなく腹痛で、営業で自宅のそばまで来た時にちょっと部屋で休んでたんだわ。
普通に鍵掛けて靴もそのままで寝室で寝てたんだけど、パート行ってる嫁が携帯で楽しそうに話しながら帰ってきたんだ。
そのまま嫁は寝室の隣のリビングのソファに座ってお喋り継続。すぐに相手が女友と分かったんだけど、めっちゃ楽しそうに話してて声がでかい。だから聞くつもりは無かったんだけど色々と聞こえてきて。
「旦那のあんま良くないからさ〜。だからずっと拒否ってる」
て話が聞こえて一気にブルー。
三ヶ月くらいレスだったから、エッチの事なんだってすぐ分かったわ。
もう耳ダンボで息を殺してたんだけど、こんな時って自分の鼓動が凄く耳障りなんだよね。喉元に心臓があるみたいに。

 

383名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/09(水)13:19:50.12 ID: .net

「やっぱそうだよね。うんうん、そうそう、てかさ、なんであんた知ってるの?」
「えー?マジでっ!元彼なの?」
「ゼンチャンと付き合ってたのっていつ?」
「えー、やだなー、それ絶対比べられてるよ、私とあんた」腹痛なんて忘れてたね、この辺りで。
つうか、普段どっちかっというと大人しいというか、言葉使いもお嬢様っぽい嫁があんな話し方してるのもショックだった。

 

384名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/09(水)13:27:50.86 ID: .net

「だよね、うんうん、すっごく優しいのにアレは凶暴っつうか、ね。はははは」
「イヤイヤ、あんなの経験ないって。うんうん、そう。ストレス解消ていうか、性欲大爆発、みたいな」
「だよねー。ゼンチャンとした後って、暫く身体の調子いいよね。ホルモンが満たされる?みたいな」
「旦那にも優しくできるしね。心でゴメンっ!て言いながらゼンチャンのアレ思い浮かべたり。はははは」嫁ってこんな奴だっけ?ひょっとしたら別の女が部屋にいるのか?て、本気で思った。
でもその後電話終わって寝室入って来た時の嫁の悲鳴は嫁のもの。
かなり焦ってたけど、その時は俺は寝たふりでごまかす。なんで寝たふりなんかしたのかは、わからん。咄嗟の判断。
ここから中々厳しいというか、凄い生活が始まった。
最近解放されたんで、また気が向いたら続き書きます。
因みに1年前位の話ね。

 

400名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/09(水)21:03:58.29 ID: .net

ちょっと続きな。淡々と行くわ。
その日から嫁は変わった、といわけではなく、いつも通り。
だけど、一週間後くらいかな、夜誘ったらダルそうながらも受け入れてくれた。実に三ヶ月ぶり。
普通に喘いで終わり。特に違和感もなかった。
まるで普通の毎日が続いたんだけど、やっぱりあの日の会話が忘れられなくてリビングに盗聴器を仕掛けることにした。音に反応して録音スイッチが入る奴。
しかし、これは一ヶ月経っても2ヶ月経っても成果なし。普通に嫁の生活音だけが毎日録音されていた。
が、これは嫁が細心の注意を払っていただけ、という事がその後分かる。
ある日の録音に、嫁が携帯で喋る声が録音されていた。
「そういう話、家でしない事にしたの」
「気になるんだって。また聞かれるんじゃないかって」
用心深い嫁らしいと思ったよ。
同時にやっぱり浮気してんのかなって、かなり落ち込んだな。

 

401名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/09(水)21:09:16.77 ID: .net

Google AdSense

お互い約束したわけではないけど、付き合ってる時から携帯にロックはかけないてのが暗黙のルールみたいになっていた。
一度覗き見た事もあったけど、怪しいやりとりは一切なし。
ここで友人に洗いざらい話し、相談。友人から盗聴器を嫁のハンドバッグに仕掛ける案を提案された。
そんなの絶対バレると思った俺に、実験と称してバッグの底の二重になった布の間に小さなマッチ箱大のダミーを仕掛けて様子を見る事にした。
結果、一ヶ月経っても嫁は気付く気配なし。
で、本物の盗聴器をしかけた。

 

404名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/09(水)21:16:35.70 ID: .net

これが当たりだった。
女子会と称した集まりは、二人きりだったけど確かに女子会で、男の気配は一切なし。
その時の会話がある程度聞ける程度に録音されていた。
「嫁ちゃんばれたの?」
「それはないけど、ちょっと気を付けないと」
そんなやりとりから始まった。
嫁の話し相手が俺も知ってる女だったので、凄くショックだった。
「危ない橋はもうやめたらは?」
「うん、うーん・・・・・」
友人の忠告に歯切れの悪い嫁。
「嫁ちゃん、そんなにゼンチャンの事好きになっちゃったの?」
「いやいや、そんなんじゃなよ」
「引き際って、大事だよ。後悔してからじゃ遅いよ」
「分かってるけど・・・・・うーん・・・・・」
「正直に言え。惚れたんでしょ?それとも身体か?」
「へへへ」

 

405名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/09(水)21:20:29.47 ID: .net

嫁のキモい笑い声。
「あーあ、あんたもやられたのか」
「ゼンチャン、優しいもんね」
「まあ、うん」
「それに、ぶっちゃけ凄い上手いしさ」
「だよね」
「私も身体から入った付き合いだったから、まあ分からないでもない」
「人の事言えないじゃん」
「私は独身だからいいの。あなたは違うでしょ」
「だって」
「なによ」
「凄く、いいんだもん」
「なにが」
「なんか、色々と」

 

406名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/09(水)21:23:19.21 ID: .net

「旦那どうすんのよ」
「大切な人だよ、一番」
「ゼンチャンは?」
「・・・・・」
「それ、好きになってるんじゃないの?」
「だから違うよ。あんな女ったらしと付き合ったら毎日不安で仕方ないよ」
「あんた、やばいよ、いい加減」とりあえず、また書くわ。

 

 

4263822015/09/10(木)13:49:13.02 ID: .net

こんちわ。行くぜ。
続きだけど、嫁は結局嫁友の追求をはぐらかしておしまい。「あんた、私にも言えないのかい!」「だって元カノでしょ?ある意味敵じゃん」みたいなやり取りでおしまい。
この辺りの嫁の、と言うか、女の感性というか考え方はさっぱり理解できない。
浮気疑惑真っ黒なのに、家ではまるで普通の嫁に対し、あの録音内容は夢なのか?と、思うこともあった。夜の方も週一に復活し、至って普通の二十代の仲良し夫婦そのもの。
強いて言うなら、嫁はマグロになった。以前はしてされて、みたいな感じだったのに、ずっと寝たまま。せいぜいバックがたまに。ただ、行く時の声が妙にエロくなってた。
こんな状態を少々続けたある日、嫁友とディスニーランドに行きたいと言ってきた。
色々と考えたけど了承。
そしてその件を俺は友人に話した。

 

Google AdSense

いつもコメントありがとうございます

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします